無料の借り換えローン
借り換えローンについての情報サイトです。
サイトマップ | 商品の紹介など
借り換えローン HOME > 住宅ローンの借り換え
住宅ローンの借り換え

住宅ローンは、10〜35年と超長期間のローンです。

その間には、当初の予定と違ってくることも多いものです。

最近ではやはり金利の変動に注目が集まっているようです。

以前、変動金利型の住宅ローンを組んだ方を中心に、住宅ローンの借り換えが大変注目されています。

ニュースや各種発表では好景気といわれていますが、それは企業だけで住宅ローンを抱えている私達一般の家庭にとっては、金利は上がるくせに給料は大して上がらないしで踏んだりけったりです!

とはいっても、まだまだ過去の金利と比べれば、低い水準にあるのは確かです。

ですから、今のうちに住宅ローンの「借り換え」を検討してみる価値は十分にあるのではないでしょうか?

住宅ローンの手続きとは?

住宅ローンは、住宅を担保にしてお金を借りています。ですから、普通の消費者金融などのローンを借り換える場合と比べるとある程度、費用もかかりますし手続きも必要です。

借り換えは、前のローンを精算して新たにローンを組むのと同じなので、抵当権設定登記などの諸費用がかかりますので、十分なチェックが必要です。

住宅ローンの借り換えにかかる主な費用は

  • 借り換え前のローンの抵当権抹消費用
  • 登録免許税
  • 司法書士手数料(通常、設定する債権金額により変動します)
  • ローンの保証料、事務手数料
  • 印紙税
  • 火災保険料

などがあります。

細かい金額については、ローンの残債や各金融機関ごとに違ってきます。

そして、忘れてはいけないのが、借り換えするより『繰り上げ返済』のほうがお得な場合もあるということです。

例えば、支払い年数があと5年などといった場合は、手数料の出費を考えるとそれほどメリットがないことが多いようですね。

借り換えるにしても、金利変動型から固定型へ、または変動+固定など、それぞれのプランによってそのメリットを算出するのは、素人には大変です。

まずは専門家の方に相談してみてはいかがでしょう?

↓↓↓住宅借り換えローン相談ならこちら↓↓↓

このページのトップに戻る
免責事項 | お問い合わせ
Copyright 借り換えガイド All rights reserved.